ニセコのサイドカントリー・バックカントリーガイド テレマークスキースクール

イメージワークス

nwga.jpgTAJ.jpgIWロゴ.jpg

ニセコサイドカントリーガイド ニセコバックカントリーガイド
ニセコパウダーガイド スキー・スノーボードビデオ撮影
TAJ公認テレマークスキースクール
イメージワークス
住所  〒048-1502
    北海道虻田郡ニセコ町本通145-9
電話  0136-44-1179
http://www.iwniseko.com
LinkIconメール



イメージワークスロゴ.jpg

イメージワークスの
ガイドツアーおよび
テレマークスキースクールは

賠償責任保険に加入しております。

取扱会社 三井住友海上保険

nwga.jpgイメージワークスは
ニセコウィンターガイド協会(NWGA)
加盟カンパニーです


NWGAはニセコに根ざしたガイドカンパニーの協会で技術的な研修はもちろん各スキー場、スキーパトロール、後志遭難対策連絡協議会などの関係団体との協力によりニセコルールの啓蒙を通じてここを訪れる人々にニセコのバックカントリーやパウダーの素晴らしさを伝えられるような活動をしております。

TAJ.jpgイメージワークスは
日本テレマークスキー協会
(TAJ)
公認スクールです。


TAJではテレマークスキーの一般普及のために公認指導員の養成と研修を行っております。また日本各地で公認テレマークスキースクールの設置なども行いテレマークスキーヤーのみならず道具の垣根を超えてあらゆるジャンルのウィンタースポーツ愛好家に門戸を開いて普及活動をおこなっております。

代表 森田 幸一郎


1970年生まれ

1996年 大阪よりニセコに移住
2001年 サホロスキー場にてTAJ公認テレマークスキースクール開校
2002年 TAJ日本テレマークスキー協会理事就任
2003年 TAJシリーズポイントレース参戦 年間ランキング6位

2003年 12月ニセコにてTAJ公認スクール イメージワークスを立ち上げ
2004年 TAJ指導員事業部副部長
2006年 TAJ公認指導員検定官
2009年 TAJ指導員事業部運営委員・公認指導員検定官
2010年 NWGA(ニセコウィンターガイド協会)理事
2011年 TAJ教育事業部運営委員・公認指導員検定官
現在に至る

今シーズンはテレマーク教師として14年目。イメージワークスとして11年目の冬を迎えました。現在はTAJ公認指導員検定官・教育事業部運営委員としてTAJ公認指導員の育成に取り組んでいます。  



IMG_0201.JPG

プロフィール
大阪府守口市に生まれる。きわめて平凡に小学生時代を過ごすが、1年生から6年生の通知簿の「整理整頓」にずっと「がんばりましょう」とマークされるほど一本気な一面を見せる。転勤により中学・高校を岡山県津山市で過ごす。中学生のころ学力のピークを迎え、進研ゼミに手を出すが締切を守ったことがない。県立津山高校入学後は右肩下がりの成績をごまかすかのようにハンドボールに熱中し、大学は2次試験が実技のみという広島大学の教育学部体育教育学科に滑り込む。大学時代は夏休みも冬休みも練習に明け暮れるハンドボール一色の硬派な日々を送る。

バブルの余韻が残る就職戦線は超楽勝で卒業と同時に東証一部上場の大和ハウス工業株式会社(ダイワハウチュです)の営業マンとなる。しかしそこで厳しい現実にさらされ受注の取れないゼロ社員として胃の痛む日々を過ごす。仕事にようやく慣れ始め億単位の仕事を取れるようになっても達成感も充実感も満足感もないことに気付き人生の危機を感じて退社。

当時熱中していたモーグルをするため1996年単身でニセコに移住。しかし公式戦に出れるほどに技術が伸びなかったのと、エアーなどで毎年のように結構な怪我(骨折や靭帯損傷)をする自分に能力的限界を感じてあっさりやめる。この頃からにパウダーに興味を持ちコブ:パウダー比が100:0だったコブバカが次第に30:70くらいになり、さらに新しい刺激をもとめてテレマークスキーに手をだした。

テレマークスキーをはじめた日はリフト降り場で立ち上がった瞬間に顔面からコケたり、今までニセコのコブを滑れるそこそのスキーヤーだと思っていた自分が、超初心者コースでもへっぴり腰で滑らされる道具の新鮮さに感動!
あらためて滑る喜びを再認識すると同時に、バックカントリーなど道具としての大きな可能性を感じてテレマークにのめり込んでしまった。

そしてテレマークをはじめた年に無謀にも秀岳荘杯に参戦、当日ルールを知ってびっくり(前後差、ターンの定義などなど)。まあこんなナメた考えの者でなんとかできるレベルの大会であるわけもなく、とりあえず完走はするもペナルティのオンパレードで当時のルール「旗門の半数以上ぺナで失格!」最後の景品抽選の時も一番最後に「じゃあ最後に失格の人は景品を取りに来てください」みたいなことを言われ、まるで「人間失格」のような気持ちで会場をあとにした・・・。

こんな経験もあってか翌年からさらにテレマークに熱中し、2000年にTAJ公認指導員に挑戦しなんとか1発合格。これを機にテレマーク技術について様々な情報が入り始め、また自身も技術研究を重ねる。

1999年からは仕事で仕方なく十勝に居住していたが、幸い毎日のように滑れる環境だったためTAJ公認テレマークスキースクールを開設。ホームだったサホロはゲレンデはそこそこだが、絶望的に雪が降らなかった。本州よりも降雪量が極端に少ない十勝ではパウダーの可能性がほぼゼロでありとても長く住むことはできなかった。

そんなわけでパウダーの聖地ニセコへ戻ることを決め、2003年からニセコでイメージワークスを立ち上げる。実は十勝に住んでる頃も空家賃を払ってニセコに部屋を借りていたので冬はほとんどニセコで滑ってましたが。

夏はラフティングとカヤックのガイドを専業とする日々を過ごす。2004年からはニセコの尻別川で観光川下り「ゆうが」を主宰。ラフティングとは違う新しいスタイルの川下りを提案し手ごたえを感じているところ。カヤックはJSCAの公認インストラクター取得。

2001年から北海道アウトドアガイド資格制度のラフティングガイド資格制度の構築に携わる。また専門学校のアウトドアコースの講師として若い世代(自分も若いけど)の教育活動にも携わり、日々自然と人への愛を伝道している??

ラフティング会社のプロモーションビデオ制作を2000年からはじめる。その後カヤック、スキー、スノーシューなどのビデオも制作。

1970年3月生まれ
TAJ(日本テレマークスキー協会)公認指導員 
TAJ公認指導員検定官
その他資格 
北海道アウトドア資格制度ラフティングガイド審査官
熱気球パイロット
体育教員免許
宅地建物取引主任者
コーン(自然体験活動)リーダー
大型自動車免許 自動二輪免許(中型)