ニセコのサイドカントリー・バックカントリーガイド テレマークスキースクール

イメージワークス

nwga.jpgTAJ.jpgIWロゴ.jpg

nwga.jpgニセコにはNWGAという地元に根ざしたガイドだけが所属できるガイド協会があります。
このようなガイドの協会ができるほど昔からガイドサービスが存在しているのがニセコの特徴です。
そんなガイドサービスを利用するメリットはいろいろあります。

ニセコルールという条件下で30箇所以上ものコース外エリアがあるニセコ。でもコース外はゲレンデよりリスクも高いということを受け入れなければいけません。単に地形を把握しているだけではだめです。日々変わる気象条件や積雪状態に応じてそのエリアをどう滑るか、あるいは滑り込むべきではないかという判断が必要。そういった複雑なファクターとゲストのレベルに合わせて安全に楽しめるのがガイドツアーのメリット。痛い目に遭わずニセコを堪能できます。

パウダーの賞味期限はごくわずか、「どこ滑ろうか?」と迷っている時間はありません。ましてやコースを1本でも間違って降りると30分近いロスになることも。パウダーデイに30分はきついロスです。その日の雪の状態や気象条件、その日の混雑具合(人の流れ)などに応じて効率よく無駄のない滑走パターンでご案内します。
ちなみに・・・ニセコには賞味期限の長いパウダーもあるんですけどね。

ガイドツアーでは「安全に滑る」ための様々な知識を自然と学ぶことができます。昨日最高だった斜面が今日は危険なんてよくあること。注意すべき点、見えないリスクに対しての予測能力などを磨くきっかけにもなります。「この斜面は滑らないほうがいいな」という選択肢を持てるようになる事が自然の斜面を自分で楽しむための第一歩。正しい知識が増えればガイドツアーに参加しなくてもニセコのスキー場管理区域外の自然の斜面を楽しめるようになります。